2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

金持ち喧嘩せずかい!?毒なくなったマツコ&有吉じゃちっとも面白くない!蛭子能収らの笑いでお茶濁すな
<マツコ&有吉 かりそめ天国>(テレビ朝日系)

印刷

   「怒り新党」時代は毎週欠かさず楽しみに見ていたが、昨年4月(2017年)、「かりそめ天国」に変わって以来、そこまで熱心に見なくなった。マツコも有吉も、平気で悪態をついていたあの頃のギラつきがなくなり、もの足りない。金持ち喧嘩せずとはよく言ったものだ。
   この日も、視聴者から寄せられたお悩みメールに答えるとか、視聴者の禁断の欲望を叶えるとか、企画自体も視聴者に媚びまくりだし、マツコ&有吉も長年連れ添った夫婦のようになり、お互い話すことも反応もわかり過ぎてしまい、もはや惰性でやっている感じである。
   そんな状況を打破すべく、ロケに蛭子能収やおかずクラブのオカリナ、狩野英孝あたりの変わり者を起用し、とんちんかんなやりとりで笑いをとろうというやり方がどうにも気に入らない。今回の視聴者の禁断の欲望は「名店のカレーをひと口食べたい」で、リポーターのオカリナがカレーの激戦区・神保町の名店を5軒巡り、そこにいた客に「ひと口食べさせてもらっていいですか」と直接交渉する。OKならば隣りに座って、できたてのカレーを最初にパクリとやるものだった。
   しかし、あくまでも味見のはずなのに、オカリナはチキンカレーのたった2つのチキンや、シーフードのメインでもある海老・ホタテをためらうことなくパクリとやってしまう。ルーの部分をほんの一口かと思っていた、協力してくれた人たちも不快に思ったはずである。こういうことをやるからテレビが嫌われる。(放送2018年8月29日23時15分~)

(白蘭)

採点:0

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中