2018年 12月 13日 (木)

パン、クラッカー、リンゴ・・・真空保存4週間!はたして食べられるか

印刷

   パンや牛乳といった食品を常温で保存すれば、もちろん劣化する。しかし真空状態で保存したらどうなるのか。そんな疑問を検証した動画が、YouTube(ユーチューブ)で400万回以上視聴される人気となっている。

   実験動画チャンネル「The King of Random」を運営するアメリカのグラント・トンプソンは、食パン、グラハムクラッカー、ポテトチップス、リンゴを、真空状態にしたものと瓶で常温保存したものを4週間後にくらべた。リンゴは水分が多く、真空にすることはむずかしいたため、真空に近い状態にした。

空気なくてもカビ生えた

   結果は、グラハムクラッカーとポテトチップスは成功だった。常温の瓶は湿気ったが、真空はサクサクのままだった。「袋を開けたばかりと変わらない」「真空状態で保存するのはおすすめだ」という。

   食パン、リンゴは通常の瓶はすっかり水分がなくなって乾燥したが、真空は乾燥は防げた。ただ、カビが生えてしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中