2018年 12月 17日 (月)

やっとオープン「豊洲ブランド」浸透するか・・・場内飲食店は築地直送の看板書き換え

印刷

   東京都中央卸売市場の豊洲市場はきょう11日(2018年10月)に開場した。午前5時半過ぎ、水産卸売棟のスノコの上に青森、北海道産のマグロが並べられ、初の競りがスタートした。最高値で競り落されたのは、青森・三厩産の214キロのマグロで428万円だった。

   場内には39の飲食店があり、こちらもオープンし、13日からは一般客も入れるのだが、難題が出てきた。入り口に掲げる看板をどうするか。「築地直送」を「豊洲直送」に書き換えた店もあるが、豊洲を使わず「産地直送」とする店もある。

   司会の国分太一「豊洲ブランドはまだ弱いということなんですかね」

産直増え「市場扱い」は減少

tv_20181011151147.jpg

   谷本有香(「フォーブスジャパン」副編集長)「そもそも、産地直送が増えているから、市場の取扱高が減っているです」

   舛添要一・前都知事「スーパーマーケットでも、自分でルートを拡張して直接仕入れていますからね。中央卸売市場を通じての取り引きは、かつてに比べ半分ぐらいに減っています」

   実家が築地場外市場の卵焼き店のテリー伊藤(タレント)は「海外向けに伸びていけるかが、豊洲の一番の境目でしょうね」と話す。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中