2019年 11月 14日 (木)

野球で膝をひねって休場の秘話も 輪島大士さんの通夜にスポーツ、芸能界から500人

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   8日(2018年10月)に亡くなった昭和の名横綱、輪島大士さん(享年70)の通夜がきのう14日に東京・青山斎場で行われた。土俵をかたどった祭壇には、土俵入りの写真。相撲からプロレス、芸能界という波乱の人生。広い交友関係そのままに約500人が別れを惜しみ、たくさんの言葉を寄せた。

「甲子園で打ちたい」と打撃練習をすると...

tv_20181015115112.jpg

   元福岡ダイエーホークス監督の田淵幸一さん(72)は、「今日は清々しいな。最高の人生を送った男ですよ」という。互いに「監督」「横綱」と呼び合う仲だった。「ひとりになると寂しいよ。星野(仙一さん)もそうだったけど」

   秘話も話した。輪島氏が来て、阪神の練習で「甲子園で打ちたい」という。「いいよ」。5、6球打ったら膝がグキッとなった。「2日後に休場ですよ」田淵さん。

   本人も「最高に幸せな男だ。」と言っていた。「ゴルフもしたし、うまいものも食った。友達とたくさん会ったし、いろいろ話したし」という映像は1981年、33歳の時だ。ただ晩年は、咽頭癌で声を失い、人にも会わず、寂しい日々だったという。

   「輪湖時代」と言われた横綱の双璧、輪島、北の湖が揃った正月番組の映像があった。司会を務めた関口宏さん(75)は、長く親交があった。

   「出世が早くて、まだまげも結えない時から、時々飲んだりゴルフをしたりしました。新しいことが好きでしたよね。相撲界の古いしきたりの中で、新しいやり方のトレーニングに取り組んだ」

   歌手の五木ひろしさん(70)は、「レコード大賞(73年)の受賞に駆けつけてくれて、私を抱き上げてくれた。それがお付き合いの最初です」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中