2019年 11月 19日 (火)

樹木希林さんが書き遺した筆談メモ 自殺する子どもたちと内田裕也への思い

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女優樹木希林さん(享年75)が亡くなって昨日15日(2018年10月)でちょうど1カ月。亡くなる前の病室で書き残したメモがあった。自殺をする若者への思いが綴られていた。また、最期の時、希林さんの心に去来した家族への愛も明らかになった。

夏休み明けに自殺しそうな子どもたちへの励まし

   寄り添っていたバースセラピストの志村季世恵さんが明かした。「8月に大腿骨を骨折して一時危篤状態になり、そのあと声が出なくなった。それで紙に書くことが多くなった」という。介護も筆談が多かったのだと。

   メモは、毎年夏休み明けの9月1日に自殺する子供が多いことを憂え、「どうかな今年は」とある。「そのメッセージは仲々届かないよ。あまりに勿体ない生命」「子供の頃から弱かった。大丈夫だよ!」などとある。8月26日、亡くなる3週間前だった。

   希林さんは、夫の内田裕也さん(78)のドキュメンタリー映画のナレーションをしていた。おととい(14日)京都映画祭での舞台挨拶で、内田さんは「一緒にスクリーンを見てくれて、嬉しかったです。ありがとう」と言った。フジテレビの「ザ・ノンフィクション 転がる魂内田裕也」は、夫婦最後の共演作となった。

   志村さんは、2004年に希林さんに乳がんが見つかった時から、心のケアをしてきて、内田さんへの思いを直接聞いていた。

   乳がんを公表する前に、電話で伝えた。「なんだそんなことで、バカヤロー」と言われるかと思ったら、内田さんが絶句した。「15秒くらい絶句したのよ。ああ、私はこの人に愛されていたんだと思った。それだけで、私はもういいって思った」と。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中