2019年 1月 23日 (水)

血まみれで200メートル這いつくばり...女子駅伝執念のたすき渡しは美談か、それとも...

印刷

   21日(2018年10月)、福岡で行われた「プリンセス駅伝」で選手を悲劇が襲った。トラブルに見舞われたのは初出場、岩谷産業の飯田怜選手(19)。チームのルーキーだ。

   2区を任された飯田選手に異変が起きたのは、3区の選手が待ち構える第2中継所の直前。倒れ込んだ飯田選手は、そのまま両手両膝をつき、這いながら200メートルを進み、たすきをつないだ。膝は血まみれになり、はった道路には血の跡が残っていた。

   故障から復帰したばかりだった飯田だが、レース後、右脛骨骨折と診断された。まさに執念でたすきをつないだわけだが、岩谷産業は21位に終わった。

青学の原監督「私なら止めるでしょうね」

   しかし、200メートルもの距離を血まみれのまま這うという前代未聞の事態になる前に、飯田選手を止めることはできなかったのか?

   青山学院大学陸上競技部の原晋監督は「レースを止める判断は最終的には監督が下すが、この駅伝は監督が間近に付いていないので...。42.195キロと距離が短いので、大きなトラブルが発生するというのは想定されていないのです」と話す。

   実は岩谷産業の廣瀬永和監督も棄権を申し入れていたが、審判に伝わった時点ではもう残り20メートルだったので、審判は制止しなかったという。

   政井マヤ(フリーアナウンサー)「すごい精神力だけど、止めてほしかった」

   カンニング竹山「原監督なら止めます?」

   原監督「止めるでしょうね。たすき渡しまでまだまだありましたし、レースそのものが成り立っていないですからね」

   真矢ミキ「でも、選手の気持ちになったら止めるのも辛いですね」

   カンニング竹山(お笑い芸人)「良い悪いは僕もよく分からないけど、生きる上で大切なものを学ばせてもらいました。人生、諦めちゃいけないんだと」

   原監督「今回のことは気にせず、今度は楽しんでレースに出てほしい。笑顔のたすきリレーを心待ちにしています

   ピノコ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中