2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

ダム転落イノシシ衰弱!脱出用スロープ登らず、カラスにつつかれても無反応

印刷

   北九州市の砂防ダムから逃げ出せなくなったイノシシの続報だ。きのう24日(2018年10月)、福岡県と北九州市が脱出用のスロープを設置したが、ひと晩たったけさ25日(2018年10月)に確認したところ、イノシシはまだダムの中にいた。


   現場の平野早苗リポーターは「2頭は草を食べたり水を飲んだりしながら、時々壁の上の方を見てうらめしそうな表情をしています。ちょっと元気がないのかなとも見えます。6~7メートルのスロープが設置され、夜は登ったような音もしました。ダムの中に食べ物がなくなれば、必ず上がってくるはずなので、絶対に食べ物はあげないでほしいと関係者は話しています」とイノシシの様子を伝えた。

捕獲して逃がすと方針変更

tv_20181025123714.jpg

   きのう24日には、10羽ぐらいのカラスに囲まれる様子も見られた。カラスが背中に乗ってお尻のあたりをくちばしでつついても、イノシシは疲労がたまっているのか、反応しない。近隣住民の女性は「人に害を与えるイノシシだけど、見るとかわいそう」と話していた。専門家によると、カラスは反撃できない相手にちょっかいを出す習性があり、「死んだら食べよう」と狙っている可能性もあるという。

   司会の小倉智昭「見守らなくちゃいけないというけど、スロープをつけるぐらいなら、網とかでつかまえて逃がす分には問題はないんじゃないかなあ」

   キャスターの伊藤利尋アナ「法律の解釈とはいえ、歯がゆい感じがしますね」

   その後、捕獲して逃がすことにしたようで、よかった。

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中