2019年 5月 26日 (日)

ムンク「叫び」本当は叫んでない!?耳ふさいでるだけ・・・東京・上野で「作品展」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   エドヴァルド・ムンクの「叫び」が日本に到着した。これまで2度盗難被害にあっているため、展示、運搬は常に厳戒態勢が取られている。

   スタジオに4種類あるムンクの「叫び」のレプリカが用意されていた。1883年に描かれたクレヨン画とクレヨン・パステル画、1895年のパステル画、そして、今回日本にやってきた1910年のテンペラ・油彩だ。

   これら4作品は微妙に異なっていて、たとえば最初の3作品は目が描かれているが、1910年版は目が描かれていない。背景もかなり違う。

もともとのタイトルは「自然の叫び」

tv_20181026160443.jpg

   レポートした野上慎平アナによると、この絵が頭を抱えて叫んでいる様子というのは間違いで、実は叫んではいないという。「自然が発する叫びが聞こえて、耳をふさいでいる姿なんだそうです」

   司会の羽鳥慎一は「もともと、ムンクは『ザ・ネイチャー・オブ・スクリーム(自然の叫び)』という題にしたかったんですが、ただの『スクリーム』になった経緯があるそうです。その結果として、"この絵の人が叫んでるんじゃない?"という誤解につながったようです」と補足し解説した。

   「叫び」のほかにも、ムンクの作品を多数集めた「ムンク展」はあす10月27日(2018年)から東京・上野の東京都美術館で開催される。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中