2018年 11月 19日 (月)

意味わかる?「バズる」「寝落ち」「草」...辞典最新版もネット新語を大幅追加

印刷

   「バズる」「ポチる」「寝落ち」「草」と聞いて、すぐ意味がおわかりだろうか。「モーニングショー」が東京・巣鴨で「バズる」を聞いてみると、70代の女性は「何かが外れることかなあ」、90代の男性は「バスじゃないよなあ。サボるでもないし」と首をかしげるばかりだった。

   しかし、秋葉原で20代のメイドカフェ店員は「話題にのぼるでしょ」と即座に正解した。「buzz」は英語で噂、評判という意味で、そこから「SNSで、ある投稿が大きな話題になること」をバズると使われるようになった。

   「ショーアップ↑」コーナーで野上慎平アナが、先日刊行された三省堂の「現代新国語辞典」(第6版)で、「こんな新語やネットスラングが1000語も追加されました」と取り上げた。

巣鴨では通じないけど秋葉原なら通じる!

tv_20181105131537.jpg

   野上アナ「では、草の意味は?」

   石原良純(タレント)「草? (植物の草以外には)ぜんぜんわからない」

   巣鴨の反応も同様なのだが、秋葉原では「笑うでしょ。笑笑(WW)。(大笑いは)森みたいな...、大草原とかね」という。どういう意味か。SNSでは笑うことを「W」というアルファベットで表記するのだが、WWWWWWWWといくつも続けると、ちょうど草が群生しているように見えるから、草=笑なのだ。「草です」というのは、「大笑いです」という意味である。

   この辞典を編んだ三省堂国語辞典辞書出版部の木村晃治氏は、ネット用語を大幅追加した狙いをこう語る。

   「近年のSNSの利用層には、老若男女の差がなくなりつつあります。そんな時点で改定する限り、(ネット用語を追加するのは)あたりまえじゃないでしょうか」

   今の時代に利用してもらう辞典には、(SNA用語は)必要なんじゃないかというわけなのだ。

時代遅れで削除されたあの流行語

   野上アナが「ほかにもこんなのが追加されました」と紹介した新語には、「寝落ち」「ゆでがえる」「ファイクニュース」「インフルエンサー」「シンギュラリティ」、ネットからの追加は「ググる」「ポチる」「エゴサーチ」「スクショ」「沼」などがあった。ポチるはネットショップで購入すること、沼は何かにハマることだ。

   一方、最新版で削除された言葉もある。「カセットデッキ」「コギャル」「ルーズソックス」だ。なるほど、もう死語だけでなく、存在そのものがない。

   司会の羽鳥慎一「なるほどねえ。買ってみようっと・・・」

   ちなみに、「寝落ち」というのは何かをやっていてうつらうつらすることではありません。飲み会で酔って寝てしまい、置いていかれてしまうことだそうです。

   カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中