2018年 11月 18日 (日)

NHK「ニュース7」鈴木奈穂子アナが21日ぶりに復帰 「ご心配をおかけしました」と生放送であいさつ

印刷

   10月16日から体調不良で休養していたNHK「ニュース7」キャスターの鈴木奈穂子アナ(36)が5日(2018年11月)、21日ぶりに復帰した。冒頭、鈴木アナは「こんばんは。『ニュース7』です。先月中旬からお休みをいただき、ご心配をおかけしました。今日からまた、よろしくお願いいたします」とあいさつし、一礼した。

休養の理由には一切触れず

   ニュースの原稿読みや番組の進行は、休養前と変わらず落ち着いて滑らかで、卓球の伊藤美誠選手が(18)がスウェーデン・オープンで優勝したことを伝えた際には笑顔も見られた。

   NHKの看板女性アナの突然の休養とあって、インターネット上には「妊娠説」など様々な憶測が流れていたが、10月24日の同局放送総局長定例会見では、木田幸紀放送総局長が「病状についてはプライバシーに関わることなので答えるのは控えたい」とコメントするにとどめている。鈴木アナも何も説明しなかった。まずは元気で何よりだ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中