2019年 1月 18日 (金)

大先輩・ふなっしー、カパルに「説得力ある」助言 「今が一番の頑張り所」

印刷

   千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」が19日(2018年11月)ツイッターを更新し、18日、ご当地キャラ日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2018」で優勝した埼玉県志木市公認の「カパル」へ激励の言葉を送った。

   6回目最後の挑戦としてエントリーを決めたカパルは、昨年11位から大躍進を遂げ、今年909キャラクターの頂点に立った。

   「ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト」で紹介されたカパルの説明文には

「市内に古くから伝わる河童の民話をモチーフに誕生。にも関わらず、すぐにお蔵入りして10年近くも放置されるという黒歴史を持つ。H23年(編注:2011年)に復活3次元化してからは振舞きゅうりをしながら飛び回る。キモヲタカッパ」

とある。

   ふなっしーとは3次元化した時期も重なる「同期」であり、駆け出しの頃から交流があった仲。NHKの報道をシェアしながら

「おめでたいけどカパル今が一番の頑張り所なっしー♪ 大変だけど乗り切ってなっしなー♪」

とブレイク経験者ならではのアドバイスを送った。

   投稿に対し、

「マスコミの一過性とか一番に知ってるのはふなっしー これからのカパルの大変さを身をもって感じてるんだよね」
「ふなちゃんが言うと、すごい説得力あるね」
「身をもって体験したからこそ、言える言葉なっしなー」

とカパルへの応援コメントも寄せられた。

   カパルは、ふなっしーがヴォーカルを務めるバンド「CHARAMEL(キャラメル)」でベースを担当するバンド仲間でもある。同バンドでは、ギターは北海道札幌市の「アックマ」、ドラムは青森県黒石市の「にゃんごすたー」が担当している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中