2019年 7月 22日 (月)

2代目相棒の及川光博、2年ぶり「相棒」元旦SPに登場 「人生の相棒」壇れいと別れたばかりだが...

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   元旦恒例のテレビ朝日系人気刑事ドラマSP「相棒」で、平成最後の元日となる2019年1月1日放送に、2代目相棒の及川光博演じる神戸尊が帰ってくることがわかった。

   11日(2018年12月)にテレビ朝日が発表した。現在の相棒は反町隆史演じる冠城亘。「新旧相棒」の共演が実現するわけだ。及川の復帰は2017年の劇場版以来、約2年ぶり。

壇れいとの出会いも「相棒」ゲスト出演が縁という皮肉

   現在、警察庁長官官房付に出世した神戸尊は、今回、特命係の杉下右京(水谷豊)から「ある依頼」を受けて、特命係の窮地を救いにやってくるという役どころだ。

   それはともかく、及川といえば11月28日に「人生の相棒」だった壇れいとの離婚を発表したばかり。2人は連名で「円満に離婚したことをここに報告させていただきます。それぞれの未来のために二人でよく話し合った結果です」と簡潔な手紙のファクスを報道陣に送ったものだった。

   及川と壇の出会いは、2009年秋、及川が2代目相棒だった「相棒 season8」に檀がゲスト出演したことがきっかけだったというから、「相棒」と別れて「相棒」の戻るとは、何とも皮肉な巡り合わせだ。

   及川はドラマ「相棒」の復帰について、「やはり和気あいあいの現場でした。水谷さんとは会うなりハグ。反町くんとはニッコリ握手。スタッフの皆さんにも笑顔を迎えていただき、とてもうれしかったです」と語っている。こちらの方の「相棒」が性に合っているのかもしれない。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中