2020年 11月 28日 (土)

2代目相棒の及川光博、2年ぶり「相棒」元旦SPに登場 「人生の相棒」壇れいと別れたばかりだが...

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   元旦恒例のテレビ朝日系人気刑事ドラマSP「相棒」で、平成最後の元日となる2019年1月1日放送に、2代目相棒の及川光博演じる神戸尊が帰ってくることがわかった。

   11日(2018年12月)にテレビ朝日が発表した。現在の相棒は反町隆史演じる冠城亘。「新旧相棒」の共演が実現するわけだ。及川の復帰は2017年の劇場版以来、約2年ぶり。

壇れいとの出会いも「相棒」ゲスト出演が縁という皮肉

   現在、警察庁長官官房付に出世した神戸尊は、今回、特命係の杉下右京(水谷豊)から「ある依頼」を受けて、特命係の窮地を救いにやってくるという役どころだ。

   それはともかく、及川といえば11月28日に「人生の相棒」だった壇れいとの離婚を発表したばかり。2人は連名で「円満に離婚したことをここに報告させていただきます。それぞれの未来のために二人でよく話し合った結果です」と簡潔な手紙のファクスを報道陣に送ったものだった。

   及川と壇の出会いは、2009年秋、及川が2代目相棒だった「相棒 season8」に檀がゲスト出演したことがきっかけだったというから、「相棒」と別れて「相棒」の戻るとは、何とも皮肉な巡り合わせだ。

   及川はドラマ「相棒」の復帰について、「やはり和気あいあいの現場でした。水谷さんとは会うなりハグ。反町くんとはニッコリ握手。スタッフの皆さんにも笑顔を迎えていただき、とてもうれしかったです」と語っている。こちらの方の「相棒」が性に合っているのかもしれない。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中