2019年 11月 13日 (水)

韓国・ソウルで観測史上最悪のPM2・5!日本人観光客も「鼻が痛くて咳がひどい」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「これはきのう(2019年1月15日)の韓国・ソウル市内の映像です。曇ったように見えますが、霧ではなく、PM2.5(微小粒子状物質)なんです。異常事態となっています」とキャスターの山崎夕貴が伝える。

   韓国当局によると、きのう朝、ソウル市内のPM2.5濃度は1立方メートルあたり157マイクログラムと、観測史上最悪の水準となった。日本の環境省が不要な外出を控えるよう呼び掛ける基準の、約2倍の数値だ。

メディアも注意呼びかけ「外出控えて」

tv_20190116113234.jpg

   地元メディアのリポーターも、「出勤中バスから降りた市民たちは、急いでマスクを着用しています。高齢者や体の不自由な人は外出を控えてください」と注意を呼び掛けている。ドラッグストアではマスクが例年の3倍以上、家電量販店では空気清浄機が4倍以上売れている。

   観光にも影響が出ている。屋台の店主は「観光客があまり来ないので、売り上げが半分に減っています」とぼやく。岐阜県から来たという若い女性は、「電車を降りたとき、鼻が痛くて、咳がすごく出ました」と話す。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中