2019年 7月 22日 (月)

NHKの自己批評番組でもあるが、26分中8割以上が番組宣伝とはコレいかに?
〈どーも、NHK〉(NHK総合)2019年1月27日11時28分~

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2016年4月から始まったNHKと視聴者をつなぐ自己批評と広報を兼ねた番組ということだが、26分中8割以上が番組宣伝に費やされていており、とにかくビックリだ。メインを務めるのは中条誠子アナウンサー。そしてパートナーはタレントの鈴木ちなみだった。
   が、そもそもこのパートナーというのが謎。番組冒頭でインフルエンザが流行しているという話題になり、「移動中はマスクをして、手を洗えない時はウエットティッシュで拭いて、喉が乾燥しているなあと思った時はガムを食べて唾液を出すようにしています」と自身のインフルエンザ対策を語っただけ。
   その後は特になにかコメントをするわけでもなく、逆に、いかにも用意されたのが丸わかりの台本を読まされ、番組紹介の片棒を担がされていただけ。だったら、NHKにはアナウンサーが掃いて捨てるほどいるのだから、自局のアナウンサーを使えばいいものを......。
   で、この日はBSプレミアムで2月2日土曜夜11時45分放送「密着ドキュメント小田和正~毎日がアンコール」、BS1で2日土曜夜7時放送「奇跡のレッスン」、Eテレ1月29日火曜夜7時25分放送「すいエンサー」、総合テレビ今夜(27日)9時「NHKスペシャル ベイリーとゆいちゃん」と散々番宣をし倒し、NHKの新年度予算・事業計画が経営委員会で議決された云々という報告を挟んで、また、3月29日放送「朝ドラ100 あなたの朝ドラ大特集(仮)」の話題に。さらに、8K番組や技術展の紹介と、怒濤の宣伝攻撃に眩暈がした。

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中