2019年 7月 20日 (土)

東京都杉並区に出没するミミズクの正体は? うっかりつかまえてはいけない理由

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「東京都杉並区でミミズクの目撃情報が相次いでいます。今どこにいるんでしょうか」

   リポーターの阿部祐二がきのう18日(2019年2月)から徹夜して捜索した。出没しているのはJR阿佐ヶ谷駅周辺だ。先週金曜日15日未明、歩道の端に座り目を光らせていた。翌日には別のところで、ネズミらしきものを捕えている様子も目撃されていた。

ペットで飼われていたベンガルワシミミズク?

tv_20190219105305.jpg

   駅周辺を歩いていたところ、先日とは反対側の街灯の上にいたという情報もあった。しかし、そこにもミミズクの姿はなかった。

   店内でふくろうと触れ合える「ふくろう茶房」新宿店の店長によると、「多分、ベンガルワシミミズクと思います。日本には本来、生息していないので、ペットが逃げ出した可能性が強い」という。ちなみに、この店の値段は約50万円だそうだ。

   弁護士の菊池幸夫氏によると、「鳥獣保護管理法により、野性の鳥獣を許可なく捕獲してはいけない。罰則は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」。ペットだったとしても、しばらくすると野性化していている可能性もあるので、うっかり捕まえることはできない。ただし、「一時的な救済」なら違反にならないので、行政か動物病院に速やかに届けるように、といっている。

   キャスターの近藤春菜「飼い主が見つけて捕まえたら、どうなる?」

   阿部「飼い主が申し出て、自分が行うのが一番いいのです」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中