2019年 8月 21日 (水)

オシッコ行かせない、吐いた物食べさせる・・・大人でも怖い虐待保育園の音声データ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   福岡市東区にある認可保育園「あかつき保育園」で、少なくとも8人の保育士が3年間にわたって園児を虐待していたこと明らかになり、福岡市は15日(2019年2月)に改善勧告を行ったが、8人の保育士のうち今も7人が勤務しており、保護者は「何も変わっていない」と不安を募らせている。

   JNNが入手した保育園内の音声データには、トイレへ行きたいと訴える2歳の園児に対し、「自分で行けよ。どこまで赤ちゃんなん」「なんでここで泣くと。行きらんかったら漏らして」と保育士が大声で怒鳴りつける様子が記録されていた。園児は「おしっこ出るう」と泣きながら訴えていたが、がまんできずに漏らしてしまった。

いじめを楽しんでいる保育士たち

tv_20190221114149.jpg

   保護者や他の保育士らのメモによると、「黙想の時間に目を開けている子どもに『目玉くりぬくぞ』と脅していた」「園児の体をふとんでぐるぐる巻きにする」などの行為もあった。園児がしゃべらないよう、口に縦にテープを貼ることもしょっちゅうだったという。 虐待を見るに見かねて退職した元保育士の女性は、「子どもが首根っこをつかまれて投げられたり、吐いたものを食べなさいと言われたりする姿を見て、これはおかしいと思いました。いじめを楽しんでいる、子どもが泣き叫ぶのが楽しい(という感じでした)」と話す。

   保育士や保護者の通報がきっかけとなり、保育園は先月(2019年1月)に保護者会を開いた。保護者たちからは「鬼の部屋(お仕置き部屋)に入れられたこともあるし、口にテープをされたこともあると言ってました。先生に『おうちの人には秘密ね』と言われたって」「ふざけて給食を3人分食べさせられました」などと実態を明らかにして抗議したが、園側は「私も初めて聞いたんですけど」「今そこを事実関係しているところですので」という対応に終始していた。

福岡市の改善勧告後も保護者は「何も変わっていません」

   なぜ3年もの間、このような行為が放置されたのか。元保育士は「子どもたちはみんな自分が悪くて怒られていると思っているので、親には絶対に言わないんですよね。(私も)『ここでやっていきたいんだったら、他人の保育はとやかく言わないことね』と言われました」と明かす。

   あかつき保育園の現在の園長は、「当時の理事長、園長の高齢化や体調不良に伴い、職員の管理体制が十分ではなかった。今回の事態を深く反省し、適切な保育を実施していきます」と回答しているが、保護者は「(改善勧告後も)今までと何ら変わってない」という。他の保育園の空きがなく、仕方なく通わせている保護者も少なくない。

   保育に詳しいジャーナリストの猪熊弘子さんは「福岡県は待機児童が全国5位と多く、保育士不足も顕著です。保育士に辞められると、保育園の運営がたちゆかなくなるんです」と背景を解説する。

   司会の真矢ミキ「お子さんがいらっしゃる方は、こういうのは見ていられないんじゃないでしょうか」

   テリー伊藤(タレント)「こういうことがあると、大人の顔色を見る子どもになってしまう。ものすごく大切なものを一番大事な時になくしてしまいます」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中