2020年 11月 29日 (日)

白虎隊の聖地で参詣者に渡す御朱印のトラブル 「書くのが遅い」というクレームに墓守がブチ切れ

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   寺社参詣に人気の御朱印をめぐり、福島県会津若松市の飯盛山で「もう直接書くのをやめます」という張り紙が出た。待ち時間が長すぎるとのクレームがきっかけらしい。

   飯盛山は戊辰戦争で白虎隊が自刃した地としても知られる。参詣して御朱印を求める人は多いが、「段取りが悪い」「一人に何十分もかけて遅い」などといわれていたらしい。張り紙には「そこまで言われてまで書く義理はない」とある。

丁寧に心を込めて書くことがアダに

tv_20190402143543.jpg

   第五代墓守の飯盛尚子さんは「お話ししながら書いていたら、一部の人がイライラしてしまった」という。1枚5分は確実にかかり、丁寧に対応しようとするあまり2時間かけたこともあったそうで、「申し訳ないと思うので」というのが理由だ。以前は書き置いたものを配布したが、ネットで転売されたために中止した経緯がある。

   仏教大学の八木透教授は「直筆だから価値がある」と、書き置きやゴム印には疑問を呈する。

   山崎夕貴アナ「全国でも御朱印をめぐるトラブルが起きています」

   ネットサイトでの高値転売の問題や、宮司が留守の時に書き置きを渡すと「心がこもっていない」と怒り出す人もいるという。

   キャスターの伊藤利尋アナ「1枚500円ぐらいが多そうですが、買っているという感覚なんですね」

   司会の小倉智昭「1枚5000円にしたらいいですよ」

   古市憲寿(社会学者)「直筆と書き置きで値段を分けたらどうですか」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中