2019年 4月 21日 (日)

エエッ、もう新札詐欺!?新しいのに交換するから古いお札を下さい・・・

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   きのう9日(2019年4月)に発表された新紙幣を、司会の小倉智昭は「(金額の)漢字が小さくて、若返った感じになったな」と話す。キャスターの伊藤利尋アナも「洋数字が大きくなりました」と、その面積が1万円札で約5倍に増えたと伝えた。

   お札に詳しい元銀行員の福島正人さんによると、デザインを変えるのは「偽造防止や外国人対応、景気対策のため」だ。洋数字の拡大には「ユニバーサルデザインの考え方がある」(麻生財務相)という。

世界ではじめての3Dホノグラムで偽造防止

tv_20190410123519.jpg

   偽造防止では、透かしがより高精細に進化し、番号は現札の9桁から10桁に増える。さらに、見る角度によって絵柄が変化するホノグラムも、世界初の3D技術が導入される。肖像画の顔が真正面だけでなく、角度によっては横顔も見えるようになるのだ。

   制作は造幣局の専門工芸員が担当しているのだが、ゲストの梅沢富美男(俳優)は「たいへんな作業で、描いてから彫るんでしょうねえ」

   福島さん「日本の技術は高いから、偽造はむずしいと思います」

   伊藤は「ただし、早くも新札発行につけこむ詐欺が心配されています。今のお札は引き続き使用できます」と注意を呼びかけた。新札に取り換えるから旧札を渡してと言ってだます手合いが出没しそうだという。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中