2020年 8月 5日 (水)

寿司好きはツラい週刊新潮「食べてはいけない」―持ち帰りモノは「添加物ざんまい」なんだって

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

ゴルフでもトランプよいしょだった安倍首相――ラフのボール蹴り出しても「さすがお上手」

   元SMAPの中居正広の評判が悪い。最大の理由は、解散する時、ジャニーズ事務を出ると思われていたのに残ったことにある。その後は、中居の番組は軒並み視聴率を落とし、ドラマで存在感を増すキムタクとの差も開くばかりである。

   中居は居残った理由も明かさないし、これからどうするのかも沈黙したままだという。今回、週刊文春が、都内のスーパーで一人で買い物をしている中居に直撃したが、返ってきた言葉は、「もう、何書いてもいいよ」だった。本心は、「これからやりたいことなんて、何もないんだよ」ということかもしれない。

   トランプと安倍で一番気になるのは、ゴルフの腕前である。その疑問に週刊文春が応えてくれた。安倍は調子がいい時だと90ぐらいで回るそうだ。だとすれば100~90台の間というところだろう。トランプはハンデ3といわれているシングルプレーヤー。しかし、その実態は、スポーツ記者が書いた本によると、OKパットを何度も重ねる、ラフに転がっているボールを蹴り出すことも多く、"ペレ"と呼ばれているそうだ。

   <「首相はトランプがどれだけ"イカサマ"を重ねても、NOと言わない。それどころか『やっぱり上手い』と持ち上げるのです。だから、トランプ氏から変に信頼されているのでしょう」(首相周辺)>

   安倍のやり方は、「偉い奴ぁおだてろ、ゴマ摺って乗せろ」という、昔ながらの「ヨイショ」外交なのである。これじゃあ、金正恩にバカにされるのも無理ないか。

   週刊新潮に石原裕次郎の愛車がヤフオクで売られたという記事がある。これは裕次郎がロケバスとして使っていた日産のキャンピングカーだ。1980年に購入し、車体は500万円程だが、内装に約3000万円かけたという。キッチン、シャワー、テレビに電話、仮眠用のソファなどがあった。

   裕次郎が亡くなってから、解体される予定だったが、その後にファンに無償で譲られ、きれいに改装されたそうである。それが今度はヤフオクに出され、裕次郎ファンに約490万円で買われたそうだ。そんなクルマを走らせながら、裕次郎の赤いハンカチでも歌ったら最高だろうな。

1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める 現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。 【著書】編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中