2019年 12月 6日 (金)

大阪府民を恐怖に陥れた拳銃強奪犯スピード逮捕 逮捕の決め手は防犯カメラと父親の通報

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

防犯カメラに映っても構わないという強い意志

   大阪府警は拳銃が奪われにくいケースへと順次変更を進めていたが、古瀬巡査のケースは交換前だった。旧型ケースは器具を使うと拳銃のヒモのフックを外すことができる。ヒモを切らずにフックをはずしていることから飯森容疑者が構造を知っていた可能性もある。

   空き巣の偽装や防刃ベストの隙間を狙った襲撃、拳銃フックの外し方などからは、飯森容疑者が綿密な犯行計画を立てていたことがうかがえる。その一方で無防備に防犯カメラに映ったり、血のついた手で買い物をしたり、さらに山道のベンチで寝るなど、ずさんな行動も見られる。

   小倉智昭キャスター「警察官の拳銃を奪うのは何らかの目的があったはず」

   古市憲寿(社会学者)「大阪はG20も控えている。無事拳銃が見つかってよかった」

   橋口いくよ(作家)「一発を何に使ったのか。残りの4発を何に使おうとしていたのか。用意周到だったのに、事件後血がついたまま買い物するなど、綿密さのバランスがとれていない」

   佐々木成三(元埼玉県警捜査一課)「犯行現場にカメラにあることはわかっていたはず。映っても構わないという強い意志で犯行を行ったのでは。証拠隠滅は考えていなかったのかもしれない」

みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中