2019年 10月 15日 (火)

1日から「公共施設内は全面禁煙」 東京・西新宿の公園に「たばこ難民」出現

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
 

   正午過ぎ、東京・西新宿の公園に異様な光景が現れる。お弁当を使う人も多い中で、たばこを吸う集団だ。改正健康増進法の施行で屋内の喫煙所を追い出された「たばこ難民」だ。

 

   板橋区役所の前には立派な喫煙所が別棟で建てられ、「板橋区役所前公衆喫煙所」という看板が掲げられているが、閉まったままだ。すぐ隣のビルのオーナーが、排気ダクトが地下鉄の入り口のすぐ脇に開いていると、2000人超の反対署名を集めたため、区も動きが取れなくなった。

tv_20190704131149.jpg

オフィス、ホテル・旅館、飲食店も対象に

 

   1日(2019年7月)から一部施行された改正健康増進法は、学校、病院、保育所、行政機関など、公共建物の敷地内を原則禁煙にした。さらに、来年4月からは、オフィス、工場、ホテル・旅館、国会、裁判所、飲食店なども禁煙になる。ただ、個人の住宅やホテルの客室などは適用外。小規模の飲食店も、その旨を掲示すれば喫煙可能となる。

 

   焼き肉店の経営者の司会の小倉智昭「禁煙にしたら、食器の中に吸い殻を捨てる人が出た。(禁煙は)こっちがやってるわけじゃないんだけど・・・」

 

   伊藤利尋キャスター「外がダメ、今度は中がダメで、行き場がなくなっちゃった」

 

   柿崎明二(共同通信論説・編集委員)「どこか(吸う場所を)作ってやらないといけない。今回もめてるのは、今後のためには良かったのかも」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中