2019年 9月 18日 (水)

立川のマッサージ店「うそ予約」相次ぎ経営ピンチ!かけてたのはライバル店

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   JR立川駅周辺のマッサージ店で4年ほど前からうその予約やドタキャンが相次ぎ、ネットでも店の悪口の書き込みが広がっていることから、警視庁が捜査し、虚偽予約を繰り返していた42歳の男が、偽計業務妨害容疑で書類送検された。男は同業マッサージ店の経営幹部だった。

   被害は何軒にも及び、店長たちはこう話した。「1日に4、5件」「2年間で300件。損害150万円」「うちだけで1000件はある」「損害は1日に2万円、年に720万円」。なかには、閉店に追い込まれた店もあるという。

   セラピストの給料は一部が歩合制になっており、うそ予約は実害になる。人気セラピストを狙い撃ちにもできるわけで、深刻な問題だという。

なぜか1軒だけ被害にあわない店が・・・

tv_20190726145432.jpg

   うそ予約は架空の名前と電話番号でやられ、客が現れないので連絡しても、出なかったり、まったく無関係の人だったりする。うそ予約の名前は「米田」が最も多く、「山田」「本田」となぜか「田」がついたという。

   SNSの中傷もひどく、「最悪でした」「痛めつけられました」などと、具体的にマッサージ師の名前を挙げていた。ところが、1店舗だけ名指しされない店があった。それが今回摘発された男の店だった。警察も一目瞭然だっただろう。

   伊藤利尋キャスター「みんな怒ってましたね」

   グローバー(ミュージシャン)「ひどすぎますよ」

   伊藤「同じ電話番号で複数の店に予約を入れていた。ライバル店を蹴落とすため」

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部部長)「ウソの予約も労力かかってる。その努力を経営に向ければいいのに。陰湿すぎますよ」

   若狭勝(弁護士)「証拠が揃っていれば、悪質なので、懲役刑の裁判になる可能性があります」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中