2020年 7月 10日 (金)

映画「この世界の片隅に」ここにもすずさんがいた・・・戦時下でもおしゃれ求める女性たちに応え続けた埼玉の美容院

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   博多大吉キャスターが「大人も子供もぜひ一緒に見て考えていただきたい。そんな特集です」と取り上げたのは、戦争の辛さや悲惨さの中にも、普通の人たちの普通の暮らしがあったことを丹念に描いた映画「この世界の片隅に」だった。公開から3年経っても上映が続いている人気作だ。

   「あさイチ」はこの夏、映画の主人公・すずにちなんで、「#あちこちのすずさん」というキャンペーンを展開し、戦時中の暮らしのエピソードを募集した。寄せられたエピソードは、映画制作チームの描き下ろしのアニメと、俳優の松嶋菜々子の語りで紹介した。

炊事用に配給された木炭でパーマ

   埼玉に住む美容師・大塚良江さん(83)が投稿したのは、「パーマ」にまつわるエピソードだ。昭和の初め頃から、電気を使うパーマの機械が使われていた。しかし、戦争が始まると、「贅沢は不謹慎」「パーマは電力の無駄遣い」という風潮が広がった。「パーマネントのお方は当町通行を御遠慮下さい」という看板が立てられた道もあったほどだ。

   それでも女性たちはパーマをあきらめなかった。大江さんの母・ふみさんが営んでいた美容院には、戦時中もパーマをかけたがる客がたくさん押し寄せた。

   電気は使えなかったので、「木炭パーマ」という方法が編み出された。木炭の火にトタン板をかけ、金属のクリップをのせて熱くして巻いた髪の毛にかぶせるというものだ。

   木炭は客が持ち込む決まり。当時は炊事用に家庭に配給される貴重なものだったが、ご飯は枯れすすきなどで炊いて、木炭はパーマに回していたそうだ。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中