2019年 9月 20日 (金)

台風停電続く千葉にふるさと納税!返礼品ないけど支援したいとすでに1700万円

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   台風15号による被害で、千葉県内ではきょう12日(2019年9月)も約34万軒で停電が続き、全面復旧はあす以降になる見通しだ。市民生活への影響が深刻化しているなか、さまざまな支援の和が広がっている。

   停電で機械が止まって給油ができないガソリンスタンドでは、経営者の同級生だという競輪の山賀雅仁選手(37)が、足こぎ式の給油機で手伝った。午前11時から午後5時までに、約150台に給油したという。

   ふるさと納税による災害支援も利用が増えている。「ふるさとチョイス災害支援」は、返礼品はないものの、全額を希望する自治体の災害支援に充てることができる。

   ふるさと納税サイトを運営する「トラストバンク」広報部の斎藤萌さんは、「被災地にゆかりのある方をはじめ、被災地を応援したいという全国の方から寄付金が集まっています」と話す。きのう11日までの3日間で、1999件、計約1670万円が集まった。

「ホテル三日月グループ」は大浴場を無料開放

tv_20190912112351.jpg

   「ホテル三日月グループ」は、県内2つのホテルで、きのう11日の午後3時から午後9時まで、被災者に大浴場を無料開放した。男性は「ありがたいです。2日間お風呂に入れなかったから」と話していた。

   「鴨川スパホテル三日月」の小髙由加里代表取締役は、「地域あってのホテル。地域の人たちが困っているなか、そんな時に頑張らないでいつ頑張るの、という話を(従業員と)しました。一緒につらい時に乗り越えていければ」という。地元の飲食店や旅館などと協力して、おにぎりや豚汁などの食事も無料提供。この支援は停電と断水が解消されるまで続けるという。

   堀尾正明キャスター「停電によって、ネットや通信にも影響が出るというのは想像もしませんでした」

   山本匠晃アナ「熱中症対策も十分に気を付けてください」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中