2020年 11月 25日 (水)

テコンドー強化合宿、代表選手大量ボイコットで中止 信じられないほどひどい協会の実態

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   2020年東京五輪の競技種目テコンドーをめぐって、代表候補選手の28人中26人がきょう17日(2019年9月)から始まる予定の強化合宿をボイコット、中止に追い込まれる事態になった。

   司会の羽鳥慎一「選手は怒りの声をあげています」

   代表候補の江畑秀範選手によると、協会は選手のために動いておらず、これまでの遠征費はほとんど自費で、コーチとの信頼関係も「全然なく、しゃべらない」という。意見を言おうとすると「お前らにどれだけカネがかかっていると思うんだ」「だれが強化選手に選んであげたと思っているんだ」などの言葉を浴びせられたこともあるそうだ。

指導能力ゼロ、国際大会でも選手ほったらかし

tv_20190917144306.jpg

   去年(2018年)5月にベトナムで開かれたアジア選手権では、移動手段や食事を選手が自分で用意するように協会から求められ、去年8月インドネシアでのアジア競技大会では、選手にスケジュール表も配られなかったため他国の選手からもらうありさま、同じ8月のモスクワグランプリでは協会の不手際から2人が参加できなかったなどの事例を斎藤ちはるアナウンサーが紹介した。

   江畑選手は「意見や要望を出すとはずされたり、海外試合に出られなくされたりしました」と、信じられない実態を語る。

   これに対し、金原昇会長は「選手には耳を傾けてきた。対応を決定し、説明を果たしていきたい」として、10月1日にも選手の意見を聞く場を設けるという。

   青木理(ジャーナリスト)「ただごとではありません。ここ数年、ボクシングやレスリングなどスポーツ団体の問題が続出した。協会の体質が古く、閉鎖的で選手が意見を言えない。JOC(日本オリンピック委員会)やスポーツ庁がコントロールやコンプライアンスをしっかりやらなければいけないのに、JOCが総会を非公開にするなどはおかしい」

   菅野朋子(弁護士)「パワハラ以外にも(協会は)やるべきことをやっていない。問題の本質がわかっていない」

   羽鳥「団体のありようそのものに選手の反乱、抗議が起きています。JOCやスポーツ庁の指導はどうなっているのか」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中