2019年 11月 15日 (金)

<リカ>(フジテレビ系)
高岡早紀の「28歳サイコパス」が怖い!愛する人をものにするためなら手段は選ばない・・・

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   なんの予備知識もなしに見たら、怖い。怖すぎる。高岡早紀が小池徹平をストーキングというのも怖いが、なんといっても高岡早紀が「28歳」っていうのが怖い。さすがにそれは無理があるのではと思って番組サイトを見たら、「自称28歳」とあった。なるほどそれなら納得。

   にしても、このドラマ、やたらと高岡早紀のアップが多い。だから余計に目じりの皺、ほうれい線、マリオネット線などなど気になる気になると思ったら、「もう隠せない目元口元の小じわ、ほほのしみ」と尾上菊之助の声。絶妙のタイミングで、再生館製薬ドモホルンリンクルのCMが始まったのだった。

   高岡早紀クラスの女優さんでも寄る年波に勝てないのか、と落胆していた視聴者は神の啓示と思い、すぐさま「無料お試しセット」を申し込んでしまうのではないだろうか。この連携プレイはお見事。

看護婦長は謎の転落事故で植物状態

   高岡早紀演じる雨宮リカは花山病院の副院長・大矢昌史(小池徹平)を運命の相手と思い込み、看護師として病院に入り込んで近づく。リカに不信を抱き、「研修期間が終ったら辞めてもらいます」と通告した看護師長(池谷のぶえ)は、非常階段から謎の転落事故で植物状態になってしまう。リカにとっての邪魔者が、早くもひとり消えたのだ。これをきっかけに、不可解な出来事が続く。

   愛する人を自分のもののするためなら手段を選ばないリカの行動のひとつひとつが、とにかく不気味で怖い。

   第2話は、大矢は看護師長の事故を警察に届けようと院長の叔父に進言するが、止まられてしまう。すでにリカは院長にまで手を回していたのだ。さらに、看護婦長は転落する前に認知症の患者にナースコールで呼び出されていたり、非常階段の修理に来た工事業者は、ネジが故意に外されていたという。

   怖いモノ見たさで来週も見てしまいそう。リカがなぜこんなサイコパスになってしまったのか。そのあたりも興味深い。

   原作は第2回ホラーサスペンス大賞受賞、五十嵐貴久の「リカ」シリーズ。東海テレビ制作。

   にしても、小池徹平は「奪い愛、夏」(AbemaTV)に続き、またもや年上オンナに追い詰められる役とは。もともとカワイイ系男子なので肉食女子に責められるのがよく似合うこと。(土曜よる11時時40分~)                                      くろうさぎ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中