2021年 9月 29日 (水)

マラソン・競歩「札幌開催」に乗じるカジノ北海道誘致!米資本や森トラストが巨額投資

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

錦織圭ついに結婚!交際中の観月あこ誕生パーティーで宣言

   山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場で、千葉県成田市の小学1年生・小倉美咲ちゃんが行方不明になって40日以上になる。地元の消防団や自衛隊員、延べ1700人で捜索したが、いまだに手がかりさえも見つかっていない。

   両親の嘆きは大変なものだろうが、そこに、心無いSNSへの書き込みがあると、週刊新潮が報じている。「(会見で)泣いているのに涙が出ない不具合発生」「父親の顔出しNGインタビュー。別居してる?」。さらには、キャンプ参加者が誰一人メディアに登場していない、美咲ちゃんはキャンプ場に行っていないのではないか、犯人は母親ではないかという、まったく根拠のないバッシングまであるというのだ。

   まるで「神隠し」に遭ったかのような今回の行方不明事件。美咲ちゃんの無事を祈りたい。

   週刊文春は、女優の山本美月(28)と俳優の瀬戸康史(31)が親密交際していると報じている。10月25日(2019年)、渋谷区のとあるカフェで、各々タブレットにペンを走らせている姿があったという。ともにアーティストとしての顔も持つそうだ。

   週刊文春は、それ以前にも、山本の自宅マンションに瀬戸が来て、彼女のマンションに入る姿をとらえている。2人は今年4月に放映された「パーフェクトワールド」(フジテレビ系)で2度目の共演を果たしているそうだ。

   フライデーは、テニス界の貴公子・錦織圭(29)が、かねてから交際していたモデルの観月あこ(28)と結婚すると報じている。10月15日に開かれた観月の誕生パーティに錦織がサプライズ登場して、そこで、「実は・・・結婚することになりました」と発表したというのである。

   錦織の試合にはいつも一緒だった観月だが、このところ姿が見えないようだったが、自宅で料理と英会話の勉強に励んでいるという。錦織の成績が振るわないのは彼女のせいだとまで書かれた観月だが、これからは落ち着いて錦織の世話ができるだろう。錦織は右ヒジの手術をしてリハビリに専念しているそうだが、彼女のためにも活躍しなければ。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中