2020年 11月 30日 (月)

東北道・佐野SA再びスト!運営会社「労組委員長クビ。損害賠償1日800万円」に従業員ら抗議

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   東北自動車道の栃木・佐野サービスエリアできょう8日(2019年11月)、店舗スタッフらが再びストに入った。運営会社の福田伸一社長がストを主導した労働組合委員長の退職を強要したことへの抗議だ。

   ストを行ったのは、佐野SAの上り線を運営するケイセイ・フーズの従業員。この日午前7時から8時まで抗議ストをした。経営側で店舗を運営して混乱はなかった。

新旧の社長同士で勝手な取り決め

tv_20191108130824.jpg

   そもそもの発端は、8月中旬、突然、売店に品物が納入されなくなったことだった。経営に不安を感じた労組委員長の加藤正樹さんが、資金繰りなどを当時の岸敏夫社長に正したところ、解雇された。ストはこれへの抗議で始まった。9月に岸社長が退任して、佐野市で建設会社を経営する福田氏が引き継いだ。

   この時の条件のひとつが、加藤委員長の退職だったのだという。会社側の弁護士によると、「紛争の原因を除くことが条件なので、約束通りやめていただく」ことになっているという。さらに、会社はストによる損害賠償「1日800万円」を従業員に求めるという要求を撤回していない。これも「加藤さんがやめないからだ」という。

   ただ、この約束は新旧の社長が交わしたもので、加藤さんは関わっていない。当初は、ストが終わって従業員が復帰した時、加藤さんも復職を認められていたという。加藤さんは「ところが、退職の強要が始まったんです。もうストはやりたくないんですが・・・」と顔を曇らす。

弁護士「労働側の権利無視したパワハラ」

   司会の加藤浩次「この約束を加藤さんは知らないことですよね。そんなことってあるの」

   憲法が認めている団結権、団体交渉権、団体行動権などをまったく無視した話だ。菊地幸夫(弁護士)は「加藤さんに新たに懲戒解雇になる理由があるのなら別だが、解雇はできません。契約に書くのは勝手だが、加藤さんはこれに関わってはいない。僕には、パワハラに見えますね」

   犬山紙子(イラストエッセイスト)「加藤さんがやめないんなら、損害賠償を請求するというのは、あからさまなパワハラですよ」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中