2020年 7月 4日 (土)

<BACKSTAGE>(TBS系)
1日400万円売り上げるカリスマ実演販売士の「企業秘密」練りに練った台本、意表突くパフォーマンス

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   さまざまな仕事にスポットを当て、そこで働く人たちの熱い思いを掘り起こすドキュメンタリー番組で、「実演販売士」のロックオン錫村さんを取り上げた。スタジオでは、この10月(2019年)からMCとして加わった武井壮とゲストの菊地亜美がVTRを見ながらトークを展開した。

   錫村さんは36歳。年間200日以上も実演販売を行い、新宿の東急ハンズでは1日400万円を売り上げたことがある。実演販売士が扱う商品は、キッチン用品、美容グッズ、掃除用品など多岐にわたるが、錫村さんは洗剤・掃除用品に絞っている。洗剤は1000円以下と安い価格帯のものからあり、広い客層がターゲットになるからだ。「いろんな方に売れるという楽しみ。それが値段の安い洗剤の面白さ」なのだという。

必殺技は「しゃがみ落とし」

   東京スカイツリータウン内にある商業施設「東京ソラマチ」での実演販売では、汚れを浮き上がらせて落とす「超電水クリーンシュ!シュ!」という1000円強の洗剤と、自ら商品開発したという700円強のエアコン専用ブラシ「ファンファン」を持ち込んだ。デモンストレーションの前に台本を練り上げ、さらに当日の客の雰囲気を読みながら、内容を変えていく。

   必殺技は「しゃがみ落とし」。一通りの実演を終えたら、さっと実演テーブルの下に隠れて、客の自由にさせる。買いたい人はスムーズに買いやすく、帰りたい人は気持ちよく帰れるようにという配慮だ。

   多くの実演販売士がデモンストレーションの見せ場や最後に、「いくわよ!」「ここが瞬間最高視聴率!」など購買意欲を刺激する決め台詞を使うが、「それは『ここで買わなきゃいけない』というお客様へのストレスになる」と錫村さんは避ける。それで生まれたのが、「しゃがみ落とし」なのである。

   これには菊地も「しゃがみ落としは大賛成!サッといなくなってくれたらじっくり見れる」、武井も「いったん自分の世界で(商品を)見れるっていうのはあるよね」と納得だ。

   結局、この日は、10~17時までの販売で、超電水は47個、エアコンブラシが18本、合計62941円を売り上げた。これは、この場所での洗剤・掃除用品売り上げの最高記録だという。しかし、錫村さんは思ったようにはいかなかったと苦笑いしている。もっと売れると見込んでいたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中