2020年 7月 10日 (金)

糖質制限で死亡率1・3倍以上!体に負担大きく心臓病やがんのリスク

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ご飯やパスタ、パンなどに含まれる「糖質」の摂取量を抑える糖質制限がダイエット法として人気だが、最新の研究では、死亡率が高まることがわかってきた。「おいしく食べて、健康にもいい理想の食とは何か。糖質の新常識をお伝えします」と松岡忠幸アナが取り上げた。

   アメリカのシモンズ大学で栄養学を専門とするテレサ・ファン教授の研究チームでは、アメリカ人約13万人の食生活と健康状態を20年以上調査してきた。そして、普段の食生活で糖質の摂取量が標準的な人と、とくに少ない人を比べると、少ない人は死亡率が1.3倍以上。なかでも心臓病やがんによる死亡率が高まることがわかったという。

不足するエネルギーをたんぱく質と脂肪で摂ると・・・

   そもそも、糖質は体を動かすために必要なエネルギー源だ。摂取量が少ないとエネルギーが不足し、代わりにたんぱく質や脂肪からエネルギーを生み出すようになり、脂肪や筋肉が減って体重も減る。これがダイエットに成功したかにみえるのだ。

   しかし、たんぱく質をエネルギーに変えるときに体内でアンモニアが発生し、体に悪影響を及ぼす。脂肪をエネルギーに変えるためには、糖質と比べると手間がかかり体に負担になる。糖質は最も効率よくエネルギーに変えられ、有害な副産物も出さない栄養素なのだ。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中