2020年 11月 25日 (水)

「夏の甲子園」もうやめたら!? 萩生田文科相また無神経発言――秋の国体が高校球児の頂点

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「もはや甲子園での夏の大会は無理だと思う」

   大学入学共通テストの民間試験で、身の丈発言で批判を浴びた萩生田光一文部科学相はきのう27日(2019年11月)、衆議院文部科学委員会でこう発言し、またまた物議をかもしている。

   「選手のみなさんの健康管理を考える視点が入ってきたという点は評価できると思う。こういうたとえをすると、明日のスポーツ新聞に出てしまうかもしれませんが、IOCのアスリートファーストの観点からいえば、もはや甲子園での夏の大会は無理だと思います。本当は秋の国体が、高校生の最後の頂点を極める大会ではないかなと個人的には思っています」と持論を展開した。

   IOCは暑すぎるからと東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌に移したのだから、高校野球も真夏にやるのはいかがなものかと言いたいらしい。萩生田大臣の事務所は「甲子園自体を否定する意図はない」とフォローに懸命となった。

IOCもマラソン・競歩を札幌にしたのに・・・とは飛躍しすぎか

tv_20191128121926.jpg

   司会の小倉智昭「萩生田さんが面白いこと言って、やはりスポーツ紙が大きく取り上げました。高野連や高校球児を敵に回すような発言です」

   古市憲寿スペシャルキャスター「あんなに暑いんだから、屋外でやらなくてもいいんじゃないかなと思ってました」

   小倉は最後まで、「夏であろうと、冬であろうと、それなりに準備をしているのだから、(大臣が)一方的にああいう風に言われるのはどうなんだろうか。東京オリンピックのマラソンも、日本の選手はあくまで東京で走りたかったと思います。それだけの準備をしてきてますからね」と熱く語っていた。

   萩生田大臣は主催しているのが朝日新聞だから気に入らないということはないのかな。

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中