2020年 11月 30日 (月)

横浜~渋谷を走る東急東横線の旅なのに、なぜか冒頭と終わりはみなとみらいから 〈ぶらり途中下車の旅〉(日本テレビ系)

   電車を使って路線をめぐる街歩き番組。この日は「東急東横線の旅」で、旅人は俳優の中村昌也だった。横浜~渋谷を走る東急東横線を横浜側からスタートし渋谷に向かうのだが、番組の冒頭と終わりはなぜかみなとみらいからスタート。オープニングはランドマークプラザの巨大ツリー前から。夜になると巨大ツリーに人工雪が舞い降り、クリスマス気分を盛り上げるとかなんとか。
で、「ここから歩いて横浜駅へ向かいます」と言っていたが、みなとみらい駅から2駅乗って横浜駅へ行くのが自然なのに......。鉄道会社が相互乗り入れするようになって便利になったが、そのおかげで「〇〇線の旅」と分けるのが難しくなり、今回のようなことに。
番組のラストでも、横浜ドッグヤードガーデンのライトアップをバックに、ナレーションの小日向文世が、「きらめく師走の街に出てみませんか? あったかい恰好でね」と締めていたが、きらめいているのはみなとみらいだけで、東横線は実に地味なものだった。
それはともかく、この日の旅人・中村昌也といえば、あの矢口真里の元夫で、以前はテレビでよく見かけたが、元妻の不倫&離婚のゴタゴタ以降、すっかり見なくなった。そもそも彼はワタナベプロの若手俳優集団D-BOYSのメンバーで、城田優や瀬戸康史、和田正人と同じく有望株だったのに気の毒でならない。元妻はとっくに再婚し子供も生まれたというのに。頑張れ、中村昌也!(放送2019年12月14日9時25分~)

(白蘭)

採点:1
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中