2020年 11月 29日 (日)

北海道で「連続あおり運転男」並走して罵声を浴びせ、前に回って急停止!SNSに「私もやられた」と続々

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   先週の19日木曜日(2019年12月)、札幌の国道12号線を走っていた乗用車に罵声を浴びせ、先に回り込んで急停車したあく、降りてきて「おい、こら」などと言いながら窓ガラスなどを叩き、車の前に立って、携帯で動画を撮り始めた男がいた。その様子を、被害車両の同乗者が撮っていた。ドアを閉めていたため実害はなかったが、警察に連絡したという。

   話はまだ続く。この動画がSNSに公開されると、同じナンバーの車にあおられたという被害報告が続々書きこまれたのだ。「10月初め、江別市の道道110号で、前に回って急ブレーキと威嚇にあった」「江別によく出没する」「追い越し、並走、罵声、前へ回って急ブレーキにあった」などなど。他の車に同じように被害にあっているのを見たというのもあった。

禁止・厳罰化の法改正急げ

tv_20191227112547.jpg

   逮捕し、立件できないのか。専門家によると、あおり運転を禁止する法律ができていない今の段階では処罰は難しいかもしれないが、暴行罪なら成立するかもという。

吉永みち子(作家)「危険と恐怖がありますよ。被害届を出すべきです。雪の中だったりしたら、急に止めるのは危ない」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「まだ法案は成立していないけど、警察は、一罰百戒でやったらいい。複数やってるというから、警察もやれるのでは」

司会の羽鳥慎一「(あおり運転の取り締まりは)厳しく、という流れですからね」

   だったら、「モーニングショー」も映像を加工したりせず、ナンバーをはっきり見せてはどうか。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中