2020年 10月 31日 (土)

中国「新型コロナ」狂騒!走るトラックから消毒液ばら撒き、入店拒否され店員殴打、赤ちゃんから母親隔離・・・

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   新型コロナウイルスに対する過剰とも思える反応が中国各地で起きている。陝西省や重慶市で走るトラックの荷台から消毒液とみられる液体が撒かれている動画が投稿され、警察官らしき人物が男を組み伏せ、「こいつを消毒しろ」と叫ぶと、消毒液が吹きかけられる様子もある。

   浙江省のショッピングセンターでは、マスクをしていなかったために入店を断られた男性が、棍棒を手に戻ってきて、店員を殴打して拘束された。母親と引き離され隔離される女の子が「ママー、ママー」と叫ぶ映像、帝王切開で出産した直後、赤ちゃんだけが分娩室の外に出されて、出産した母親は隔離されている映像が紹介された。

   四川省では、女性看護師が治療対応で病院外に出られないため、ビデオ通信を使って誓いの言葉を述べあう結婚式を挙げる様子などが投稿されている。武漢では「赤十字社が関係が深い病院にだけ大量のマスクを配布した」という批判が高まっている。

日本でも・・・中国人観光客の予約嫌ってキャンセル続出

tv_20200206124340.jpg

   日本でも、奈良や栃木の旅館では、中国人観光客の予約があるかどうかを確認があり、数百人分の宿泊予約をキャンセルされた。千葉・鴨川市教育委員会によると、小中学校でコロナウイルスに関するいじめが5件確認されている。

   WHOのシルビー・ブリアン医師は「パンデミックではなくインフォデミック。根拠のない情報が大量に拡散している」と警告している。社会学者の古市憲寿は「メディアにも責任がありますよ」と指摘。若狭勝(弁護士)は「こうした行いは回りまわって自分に返ってきます。差別的なことはダメだと周知する必要がありますね」と話した。

   作家の中江有里は「人のパニックのほうが怖いと思う」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中