2020年 2月 21日 (金)

安倍ちゃん ここでも税金私物化かい!山口県庁「総理大臣展」等身大パネル設置してツーショットに300万円

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

寿司屋でうどん食べるサッチーにぶつぶつ言いながら従っていた野村克也の幸せ

   秋篠宮眞子さんと小室圭の結婚が本決まりになりそうである。発表はまだ先になるようだが、眞子さんの固い決意に、周囲も頷かざるを得なくなったようだ。だが、ここへきて、昨年1月に小室圭側が出した文書について、「金銭トラブルは解決済み」と報じたメディアに、小室が謝罪を要求していると週刊文春が報じている。

   いくつかのワイドショーはすでに謝罪を表明している。それは、文書に「解決済みのことだと理解してまいりました」という文言はあったが、それに続いて、今後も元婚約者からのご理解を得られるように努めるとあるのに、解決済みという点だけを強調して報じられた誤報だというのだ。

   私は眞子&圭に同情的な立場だが、それでもいまさらとは思う。結婚発表のための布石なのだろうか。

   野村克也が亡くなった。享年84。愛妻サッチーが亡くなって約2年後に、同じ虚血性心不全で亡くなった。名捕手で名監督はいうまでもないが、野村の名前は、亡くなった愛妻を慕い続け、寂しいという本音を隠さず、最後まで「ありがとう。いい奥さんでした」といい続けた男として記憶されるのではないか。

   私は、野村ではなく、サッチーとの交友が一時期あった。野村夫妻はともに酒は飲まず、市ヶ谷の行きつけの寿司屋でも、サッチーは「お寿司は好きじゃない」といいながら、うどんを食べていた。わがままを絵にかいたような妻の怒声に、ぶつぶついいながら野村は付き従っていた。婦唱夫随であった。

   コロンビア大学卒を含めて、何から何までウソをつかれたが、野村は「幸せだった」といっていたと、週刊文春が報じている。あの世でも、ヤレヤレといいながら、サッチーの後をついている野村の幸せそうな姿が浮かぶ。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中