2021年 5月 7日 (金)

バカと阿呆の寄り合い所帯「安倍内閣」首相は発作的に学校を閉鎖し大臣や補佐官はゴルフや資金パーティー

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

志らくに「別れた方がいい」と言ったことがあったが・・・・もう、あきらめているのか。女房・酒井莉加は前にも重大な裏切り!

   ガラッと話は変わる。立川志らく(56)という落語家がいる。生温い毒舌で売り出し、TBS系の朝の「グッとラック!」で司会をしている着物姿の男である。こやつの再婚したカミさんを酒井莉加(38)という。この人妻・莉加が、志らくの弟子の立川うおるたー(25)と、小さな自動車の車内で、「男の股間に顔を埋めた。頭が上下すること数分」ってなことをやっていたのを、週刊文春がしっかり写真まで撮りながら、見ていたというのだ。

   弟子は、志らくが地方へ行っている日は彼女の自宅に泊まっていて、仲間内では知らないものがいないほど「公然の仲」なんだそうだ。知らぬは亭主ばかりなりか。ところが、この人妻、今回が初めてではないそうだ。4年前にも別の弟子に惚れ、猛烈にアタックして"愛人"にし、寵愛していたが、亭主の耳に入り、破門されたそうである。

   週刊文春は志らくを直撃する。すると、彼は「妻のことは信じているし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。酒飲んでいきすぎただけのこと。離婚とかにはならないんで」。大らかにこう答えている。けさの「グッとラック!」でも、自らこの問題に触れて、「離婚することは1億%ない」といっていた。

   ここでひと言。私は、志らくと莉加、共によく知っている。週刊文春でも触れているが、私が講談社にいるとき、ネットマガジン「Web現代」を創刊した。その時、ここからアイドルを売り出そうと思い、つくったグループが「リンクリンクリンク」である。莉加はその中の一人だった。芸能界には長く、アイドルになりそこねた女の子だった。

   立川談志師匠の連載をやっていた関係で、志らくのページもつくり、担当編集者が2人を引き合わせ、その後結婚する。亡くなってしまったが、志らくが所属していた「立川企画」の松岡由雄社長に頼まれて、志らくの落語会をやったり、彼がつくった映画のプロデューサーに名前を貸したりした。

   2人は、私が何を書くのか心配しているかもしれない。2人の結婚生活、莉加の母親と志らくとの確執、莉加の裏切り、病気など、ある時期の志らくと莉加を近くで見てきた。彼女が重大な過ちを犯した時、松岡と私は志らくに、「別れたほうがいい」といった。彼の心は揺れたようだったが、別れずに、子どもも授かり、幸せにやっていると思っていた。きのうの夕方、文春オンラインを見て驚いた。志らくが「別れない」というのは本心からだろう。彼女を愛しているというよりも、「諦めている」といったほうがいいのではないか。

   私は、彼がテレビでチャラチャラしているのはもったいないと思っている。若く見えるといっても50半ばである。落語家として何を残せるのか、談志の後継者になれるのか、今が落語家として一番大切な時期である。これを機に、一人になって、テレビも離れ、落語だけに打ち込んでみたらどうか。落語はうまいが、器用すぎるために、これが志らく落語だという芯がない。才能があっただけに、今の志らくを惜しむ。(文中敬称略)

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中