2020年 11月 29日 (日)

志村けん 朝ドラ「エール」出演シーン先取り――大御所作曲家・山田耕筰役で窪田正孝の主人公に嫉妬

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   生涯に4500曲を作曲した古関裕而夫婦を描いたNHK連続テレビ小説「エール」(総合あさ8時)で、志村けんは大正・昭和の大御所作曲家・山田耕筰がモデルの小山田耕三を演じているが、どんな出演場面なのか。

   主人公の古山裕一(窪田正孝)の才能に驚いたヒロイン・音(二階堂ふみ)の音楽教師が「本当に独学なの?」と聞き、古山が「ほとんど小山田耕三先生の本で、学びました」と答える5月1日(2020年)放送のシーンで初めて名前が登場する。その後、古山の演奏会が新聞に取り上げられ、小山田の耳にも名前が届いてレコード会社に推薦する。

   古山はレコード会社の専属作曲家に採用され、そこのサロンで初めて憧れの小山田と会う。ここで志村と窪田が絡む。それをきっかけに、「推薦してくれた小山田先生の顔に泥を塗るわけにはいかない」と張り切り、古山は次々とヒットを飛ばした。

  • 志村けんさん
    志村けんさん
  • 志村けんさん

二人の確執はどうなってしまうのか......残念!収録はそこまで

   古山は小山田を師と仰ぐが、小山田は古山の多才ぶりに次第に嫉妬するようになる。自信満々で見せに来た交響曲は見向きもせず、オペラ歌手が古山の歌謡曲を歌おうとすると妨害するようになっていった。はたして、二人の確執はどうなるのか......というところまでで、志村の収録は終わってしまった。

   古関は「勝って来るぞと勇ましく」の『露営の歌』など戦時歌謡も数多く作曲しているが、当時、音楽挺身隊を結成して戦争気分を煽り、戦後に戦犯と批判された山田から求められ、渋々引き受けることはなかったか。そのあたりの志村と窪田のシーンも見たかった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中