2020年 7月 10日 (金)

東京・新宿バスタ『東京脱出』で混雑!「地元の方が安全」「どうせテレワークなら」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルス緊急事態宣言の発令が発表されたきのう7日(2020年4月)夜、「JR東京駅です。普段ですとタクシー乗り場に人が行列をなしていますが、きょうは誰も並んでいません。タクシーが道路にはみ出して列をなしています」と、司会の国山ハセンはヘリコプターで上空からリポートしていた。

   新宿駅のバスターミナル「新宿バスタ」には、宣言が出される前から、東京を離れようとする人々が大型キャリーケースを持って続々と詰めかけた。新潟に帰省するという専門学校生の男性(20)は、「東京より地元の方が安全かなと思って」という。山梨に帰省する女子大学生(18)は「自分が菌をもっていたらと思うと申し訳ないですけど、消毒とか自分なりに対策していくので分かってほしいなと思います」と話していた。

   SNS上でも「テレワークなら、#東京脱出もありだな。わざわざ環境が悪い危険な都会に居たくない」「収入見込みが立たないなら実家に帰省。普通の行動だよね」などの投稿が相次いだ。

父親の代から続く世田谷区の人気映画館「下高井戸シネマ」もはじめて休館

tv_20200408121324.jpg

   映画ファンの間で根強い人気の世田谷区の映画館「下高井戸シネマ」のオーナーの木下陽香さんは、緊急事態宣言を受け、父親の代から1度も閉めたことがなかったが、休業を決断した。「もう協力しなくてはいけないという気持ちですね。つらいんですけど、父もこの状況を見たら『しかたないね』って、生きていたら言ってくれると思います」と話していた。

   キャスターの立川志らく「国はお願いするしかないのですが、これでウイルスと戦うことができるか。日本人の真価がこの1カ月間、問われると思います」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中