2020年 6月 6日 (土)

東京と大阪の解除はいつか?小池都知事は「急がば回れ、もう一息がんばりましょう」と月末まで伸ばす気?

印刷

   新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言、東京と大阪はいつ解除されるのか。伊藤利尋キャスターが「あさって21日(2020年5月)の政府・専門家会議で判断がされるということです」と伝える。

   小池百合子都知事は「急がば回れみたいな形で、もう一息がんばりましょう」と呼び掛けている。司会の小倉智昭は「小池さんは、今月いっぱいまでと考えていらっしゃるのではないですか。21日で解除の方向にいかないような気がしますけどね」という。

専門家「ここで焦らない、急がないというのがいい」

tv_20200519113505.jpg

   伊藤がけさ19日の朝日新聞の記事を紹介した。「緊急事態 都市圏ごとに判断」とあり、近畿の3府県(大阪、京都、兵庫)は21日解除有力としている。やはり、東京はまだ先ということか。昭和大医学部の二木芳人・客員教授はこう解説した。

   「数字の上ではいい傾向になっているのですが、ここで焦らない、急がないということでしょう。東京とそれ以外の3県(神奈川、埼玉、千葉)と合わせて一括で考えていくということで、もう1週間先が妥当でしょう。北海道もまだ少し時間がかかりそうです」

   政府は解除の目安を「直近の1週間で人口10万人あたり感染者が0・5人以下」としていて、東京が21日までにこの基準をクリアするためには、きょうあすで感染者が2人以下でなければならない。

   小倉「2日間で2人以下というのはきついでしょう」

   首都圏の解除は来週半ば以降になりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中