2020年 5月 30日 (土)

NHK「あさイチ」近江友里恵キャスター 職場結婚してた!去年5月にプロデューサーと入籍

印刷

    NHKの朝の情報番組「あさイチ」(月~金あさ8時15分)は、近江友里恵キャスターが「早稲田大学応援団でチアリーディングしてた」と明かしてから、番組冒頭の「朝ドラうけ」はもっぱら応援団の話題になっている。けさ20日(2020年5月)の連続テレビ小説「エール」は、古山裕一に応援歌「紺碧の空」の作曲を依頼している早稲田大学応援団の田中隆団長らが喫茶店にいると、慶應義塾大学応援部団の団長・御園生新之助が様子を見に来て、「福岡の田舎者が」と小ばかにする話だった。

   「あさイチ」が始まると、近江はさっそく「私、あらためて応援部って好きだなあって、思っちゃって...。NHK内の応援部出身者から、続々メールもらって、すごく熱く励ましてくれるんですよ」と話し始めた。

   博多華丸キャスター「やっぱり、打倒慶應で燃えてますかあ」

   近江「そうですね。でも、御園生さんみたいに、あんなキザな人ばかりじゃないですから、慶應の人たち」

博多大吉キャスター「早稲田もあんな博多弁バリバリの人ばっかりじゃないでしょう。お芝居のときの華丸さんにだんだん似てきた」

   「エール」の金曜放送では、ようやく完成した「紺碧の空」が応援団の合唱で披露され、早慶戦で11連敗していた慶応についに勝つ。

  • 近江友里恵キャスター(NHKの「あさイチ」番組ホームページより)
    近江友里恵キャスター(NHKの「あさイチ」番組ホームページより)
  • 近江友里恵キャスター(NHKの「あさイチ」番組ホームページより)

福岡放送局時代に出会い

   ところで、その近江だが、「デイリー新潮」(5月20日掲載)は、昨年5月に結婚していたと伝えている。相手はNHK仙台放送局勤務のプロデューサー職で、近江が福岡放送局時代に知り合ったのだという。職場結婚だが、NHK局内でも2人の結婚を知っている人はほとんどいないらしい。

   週刊新潮WEB取材班が近江に聞くと、「ちょっと広報を通して頂きたくて」とはぐらかしたが、夫は「昨年の5月1日に籍を入れました」と認めた。さすがに、けさの「あさイチ」で触れられることはなかった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中