2020年 7月 9日 (木)

そして誰もいなくなった手越祐也...ジャニーズ事務所もNEWSメンバーも会ってくれないまま退社

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   ジャニーズ事務所との契約を解消した手越祐也(32)はきのう23日(2020年6月)に会見を行い、新型コロナウイルの感染防止で外出自粛が呼びかけられているときに、女性を伴って飲食していたことの経緯、今後の活動について2時間にわたり語った。

   「退所は芸能活動自粛の前、今年(2020年)3月から話している」とし、「円満退所」だったことを強調した。「手越キャバクラ」「ステイホーム破り」と報道された件では、「医療従事者の先生に今後の提案、ビジョンについて話をする会だった。先生が友人の女性1人を連れていくから、手越さんも誰か連れてきてくれと言われた」と釈明した。同席した女性は「ステイホーム期間にしっかり家にいたと確認できた人たち。コロナウイルスをうつされたら面倒くさいので」といった。

   20年以上ジャニーズを取材している駒井リポーターは、「事務所とは3月から話し合いをしてきたと言うが、結局は、最後まで社長と副社長にはあいさつしていないんです。メンバーとも、話ができていない形で退所となった。果たして彼の言う『円満』だったのか、疑問に思います」と首をかしげる。

会見でも身勝手な理屈

tv_20200624124322.jpg

   「スッキリ」はNEWSメンバーの小山慶一郎が、手越に送ったLINEメッセージを入手した。「どこまでも4人のNEWSを見せたかった。気持ちは強かったよ。とても残念だし、寂しいし、悔しい。どこまでも4人でNEWSをやりたかった。約17年間、共にNEWSで戦ってきたメンバーとして感謝している。今までありがとう。NEWSは歩みを止めずに前に進んでいく(一部抜粋)」

   司会の加藤浩次「事務所を退所して、やりたいことをやるのはいい。でも、情報交換だったら、リモートでもできたでしょう。店に連れていった女の子についても、『うつされたら面倒くさい』という言い方をしていました。いや、それは違うって、手越クン。己がウイルス持ってて、彼女たちにうつす可能性もあるんだから」

   最後まで身勝手な手越だった。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中