2020年 12月 1日 (火)

東京100人超えに西村大臣「努力しないとまた同じことになる!」と逆ギレ 国民を脅してどうする!

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   2日(2020年)、東京都の新規感染者数が107人確認された。感染者100人超えは5月2日以来、2カ月ぶり。小池百合子都知事は会見で、「感染拡大要警戒の段階に入った」として、例によって一つ覚えの「夜の街への注意」を呼び掛けるだけで具体策を示さなかった。

   白鴎大学の岡田晴恵教授は「週明けにはこれくらいの数字になると思っていたが、ちょっと早かった。19日に県をまたぐ移動が解除されてから2週間。増える可能性はあった」と冷静に分析。

西村大臣「もう誰も緊急事態やりたくないでしょ」

tv_20200703113509.jpg

   東京が100人を超えたことについて、会見した西村康稔経済再生担当大臣は「感染防止策を講じないと感染は拡大し、緊急事態宣言のようなことになりかねない。もう誰も緊急事態宣言はやりたくないでしょ。みんなが努力しないとこのウイルスには勝てない。また同じようなことになる」と、逆ギレしているのかのような強い口調で危機感を露わにした。

   毎日新聞によると、政府は緊急事態宣言再発令には消極的で、新型コロナの対応を協議する連絡会議は約20分で終了。安倍晋三首相は「高い緊張感をもって、自治体と緊密に連携しながら対応していくことが大切」と述べたが、官邸内には緊張感は漂っていないという。

   自民党幹部は「もう一度宣言を出すのは無理」と牽制する声があがっており、東京アラートについても「小池知事のおもちゃ。中身が変わらないのに意味がない」と懐疑的な見方が強くあったと伝えている。

   司会の羽鳥慎一「東京と政府がもめている場合じゃない」

   作家の吉永みち子「公衆衛生で最も大切なのは信頼だがこれがどんどん崩れている。何も取り組んでいないのに、西村経産相は国民を脅かしてどうするのか。堂々と責任を放棄したとしか思えない発言だ。西村経産相に先週有識者が提言を提出したが、それについて西村はどう感じたのか。いま何をしているのかを突き詰めないといけない」

   テレビ朝日コメンテーターの玉川徹も「気をつけなさいと言われても、すでにみんな気を付けている。国も都もこれまでに行った抜本的対策は自粛要請だけ。冷静さを欠いた西村経産相は、第2波が来たときにどういう対応をするのか不安だ」

   スポーツキャスターの長嶋一茂「国民がどういう生活をしていたかわかっていないのに、どうして怒るのか」。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中