2020年 8月 8日 (土)

「M 愛すべき人がいて」にブーイングの嵐!「最終回が一番つまらない」「みんないい人になっちゃった」「マサとアユが美化されまくり」「本格復帰の宣伝ドラマですか?」 

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   平成の歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話とエイベックスのプロデューサー松浦勝人氏とのドロドロ不倫劇を描くテレビ朝日系のドラマ「M 愛すべき人がいて」の最終回が4日(2020年7月)に放送された。

   しかし、アユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)の破局があまりにも美談に描かれているうえ、「くせ者だらけ」だった登場人物が最後は「みんないい人」に終わる展開に、ネット上では「なにコレ、ガッカリした!」「最終回が一番つまらないドラマなんて珍しい」というブーイングの嵐が起こっている。

  • 美談に描かれたアユとマサの破局(テレビ朝日の「M 愛すべき人がいて」の番組ホームページより)
    美談に描かれたアユとマサの破局(テレビ朝日の「M 愛すべき人がいて」の番組ホームページより)
  • 美談に描かれたアユとマサの破局(テレビ朝日の「M 愛すべき人がいて」の番組ホームページより)

「田中みな実は最後までの狂気の悪女でいてほしかった」

   物語は――。前回の最後にA VICTORY社長の大浜(高嶋政伸)から解雇されたはずのマサが、冒頭からビッグプロジェクト3つを同時進行するというご都合主義の展開。プロジェクトの始動と共に、マサは仕事で朝帰りの日々が続く。アユは流川翔(白濱亜嵐さん)のサポートで次々とヒットを飛ばすが、2人はすれ違う日々を過ごす。アユはマサなしでも歌手として自立していく道を歩む。

 

   一方、マサは礼香(田中みな実)に「アユはマサがいない方がいい歌を作る」と言われ、マサは自ら身を引く決意を固め、アユの前でわざと礼香とキスをするシーンを見せつける。ショックを受けたアユは仕事をすっぽかして周囲に迷惑をかける。そんなアユにマサは「星は孤独だから輝ける!宇宙のてっぺんまで飛んでいけ!」と名台詞を決めるのだった。そしてアユはマサへのラブレターを歌詞に託して「M」をステージで歌うのだった......。

   「ガールズちゃんねる」「M 愛すべき人がいて-みんなの感想-Yahoo!テレビ.Gガイド」などのネット上では、アユをいじめたライバルたち、敵役の大浜社長、そして「通りもん」眼帯の狂気の礼香まで、みんな最後は「いい人」で終わる展開に呆然とする声であふれた。

   「エッツ!みんないい人になっちゃったの? 最後までおふざけの感じでよかったのに、急にシェイクスピア劇みたいになってきたよ。超つまんないわ」

   「アユの髪の毛、燃やそうとしたり、風呂場に石鹸ぬったりしていじめたくせに、『アユふざけんなよ、私たちはあんたに負けたんだよ、あんたが今ここで辞めたら私たちは何のために負けたの? 何のために泣いたの? 悔しいけど私はあなたの歌が好き、あなたの書く歌詞を歌う歌が好き』って、なんやこの安っぽい友情は」

   「大浜社長も円満に抜けたの? 世間を騒がせたavex分裂のドロドロお家騒動をなに美化しているんだよ。実際はクーデターで依田巽社長を追い出したくせに。コロナでケツを切られて、あわただしくみんないい人にした気がする」

なかでも残念がる人が多かったのか、田中みな実の礼香が普通のオンナになってしまった点だ。

   「礼香には最後まで狂った悪女でいてほしかった。眼帯している方が美人なのに」

「失明した眼球って、そんな簡単に治らないと思うけど。なんだこの茶番劇」

   「いや、みな実もキャリアを考えたら、いつまでもヘンな役やっていられないでしょ。結構可愛いと思う」

   「みな実、ブーイングすごすぎて、嫌われないように普通キャラに戻したね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中