2020年 12月 1日 (火)

東京五輪・パラ開催もう無理!スパッとあきらめて、新型コロナ対策や災害支援におカネ回してはどうか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京オリンピック・パラリンピックを来年(2021年)に開催するため、政府は早急な入国制限緩和の検討に入ったという。現在は新型コロナウイルスの感染防止のため、世界100以上の国や地域から入国を拒否しているが、もう入国を緩めて大丈夫なのか。海外は、パンデミック第2波に備えて厳重警戒中だ。

   JNNが4・5日(2020年7月)に実施した世論調査によると、来年7月に五輪を開催できると思うかの問いに、77%が「できない」と答えた。「コロナ収束の見通しがたたない」「参加辞退の選手が出る」といった理由だ。「できる」は17%だった。

   キャスターの立川志らく「(政府は)やりたくてしようがないわけなのでしょうが、この状況でどうやるんですか。ほとんどの人ができないと思っているのに、なんで今から緩め始めるかねえ」

聖火ランナーの玉袋筋太郎は「現状ではできない」/h2>
tv_20200709115933.jpg

   小林麻耶(TBS元アナウンサー)「日本が大丈夫といっても、海外はどうなのでしょう。各国で出場予選も行われていないのに、渡航の話には疑問があります」

   簡素化開催の案もあるが、東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長は「IOC(国際オリンピック委員会)は簡素化はダメといっている」と語っている。聖火ランナーに内定している「浅草キッド」の玉袋筋太郎は「簡素化もダメでは、にっちもさっちもいかないよ。海外から(一部でも)参加しないオリンピックでは、とったメダルは評価を得られない。現状では『できない』しかない。中止ですかね」

   志らく「五輪のおカネをコロナ対策や今回の災害支援にあてるべきですよ。それなくして、オリンピック、オリンピックと騒ぐべきだとは思いません」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中