2020年 9月 28日 (月)

AIもかなわない藤井聡太の飛び抜けてる「読み」!セオリーにない手に対局相手は「意味不明???」

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   将棋の藤井聡太七段はいま、最年少のタイトル獲得に挑む。その棋譜をAI(人工知能)で分析すると、驚異的な強さの秘密が見えてきた。いきなり29連勝したデビュー当時の本人と今の本人を対局させるとどうなるかを、AIに想定分析させると、「今が昔に73%の確率で勝つ」と出た。将棋ソフト会社の担当者は「とんでもない強さです」と舌を巻いた。

  • 藤井聡太七段(NHKの番組ホームページより)
    藤井聡太七段(NHKの番組ホームページより)
  • 藤井聡太七段(NHKの番組ホームページより)

「すごい」「まるでマジックだ」と驚かれる強さ

   もともと藤井の終盤の強さは、「すごい」「まるでマジックだ」と他のプロ棋士からも驚かれるほど定評がある。それを培ってきたのが、幼いころから大好きだった詰め将棋。解いた問題は1万以上といわれ、終盤で一気に攻め込む指し手が際立っていた。

   一方で、ライバル棋士たちは、序盤や中盤につけ入る隙ありと考えてきた。去年(2019年)5月、それまでの5連敗から初めて勝った都成竜馬六段は、「特徴が分かってきた」と話した。藤井はこの「弱点」をどう克服したか。

   指し手が正しかったのかどうかを、藤井はAI搭載の将棋ソフトに評価させつつ考え抜いて、序盤の指し方を磨いたという。最近は序盤中盤の劣勢がめっきり少なくなった。

   ライバルの広瀬章人八段は、「対応力に磨きがかかって、横綱相撲に近い」、中村太地七段は「レベルが高くなっている。隙がなくなった」と評する。

文   あっちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウオッチ
アクセスランキング
  1. 文春の「三浦春馬と佐藤健との葛藤12年」によると、大ヒット映画『るろうに剣心』のエンドロールに健の名前が流れた瞬間、客席の春馬が突然立ち上がった。口惜しさをいっぱいに滲ませた表情は、暗い室内でも隠し切れなかった
  2. 竹内結子さん急死に「産後うつ」経験女性たちから「ひとりで悩まないで」コール!「自分のことのようにショック」「周囲がサインに気づいてあげて」「私はこう乗り越えた!」
  3. <日曜劇場 半沢直樹/最終話>(TBS系9月27日日曜放送)
    頭取に裏切られながらも立ち直った半沢は、紀本常務の潜伏先で不正を暴く決定的証拠をつかむ。帝国航空再建の記者会見に殴り込み、箕部に「心の底から詫びてください」と迫るが...
  4. 「キングオブコント」ジャルジャルが悲願の王者に!「おめでとう!」コールの一方、「ものすごく低調な大会」「審査員変えるべき」「三村と松本ひどすぎ、飯塚を入れて」と怒りの声
  5. スポーツマンは清く正しく美しく、爽やかであってほしい。不倫をやらかした競泳・瀬戸大地の妻優佳は、自身も飛び込み選手だったが「大地の金メダルへの挑戦をサポートするのが私にとっての五輪出場」と考えて引退したのに...
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中