2020年 11月 30日 (月)

ALS患者嘱託殺人、患者はどうみたか?「やっぱり起きたか。生き地獄だ、でも絶対勝ってやる」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51)を殺害したとして、京都府警は23日(2020年7月)、元厚生労働省医療技官で仙台市泉区の医師、大久保愉一(よしかず)(42)と東京都港区の医師、山本直樹(43)の両容疑者を逮捕した。2人は女性の依頼を受けて2019年11月30日に女性宅を訪問、薬物を投与したとみられている。事件直前には、山本容疑者の口座に130万円が振り込まれていた。

   2人と患者が知り合ったきっかけはSNS。普段から周囲に「安楽死させてほしい」と語っていた女性は「屈辱的でみじめな日々が続く。ひとときも耐えられない」と書き込んでいた。

安楽死に真剣に取り組んでいる医師を踏みにじる行為

tv_20200727113142.jpg

   容疑者たちはどんな人物だったのか。フジテレビは2010年、大久保容疑者をドキュメンタリー番組で取材していた。大久保容疑者は当時「官僚をやっていたころはおごっていた。恥ずかしいと思う」と答えていた。診察を受けていた患者たちも「すごく優しい先生、いろいろ調べてくれる先生だった」と語る。

   しかし、その一方でブログには「みるからにゾンビとなって生きているので痛々しい。医療行為を続けることもためらわられますが、仏心を出して手を下せば殺人犯」と過激な言葉も。

   一方、山本容疑者には師免許不正取得の疑いも出ている。海外医学部を卒業して医師国家試験を受験したが、卒業は確認できていないという。

   患者たちはこの事件をどうみたのか。10年間ALSと戦っている40歳男性は、「こういうことがいつか起こるだろうと思っていた。やっぱり起きたか。患者が強く望んでいることに答えるのは大事だと思うが、死ぬ方法より生きる方法を考えていくのが医師として大事なこと」と語る。「生き地獄、でも絶対勝ってやる」とも。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中