2020年 11月 30日 (月)

PCR検査『誰でも・いつでも・何度でも』世田谷モデルの区長は「予算かかるのでふるさと納税して!」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京・世田谷区が新型コロナウイルスのPCR検査を大幅に拡大する方針を打ち出した。世田谷区は東京23区で最も人口が多く、約94万人。下北沢、三軒茶屋、二子玉川などの繁華街も多く、全国で1242人の感染が確認された29日(2020年7月)には、世田谷区でも47人の感染者が確認された。陽性率も約12%になった。

   保坂展人・世田谷区長は「予算の効果的な使い方は、PCR検査の一挙拡大です。検査数を(1000単位と)1ケタ増やし、定期的な検査を行います」という。とくに、東京大先端科学技術研究センター・児玉龍彦名誉教授の提唱を受けて『世田谷モデル』を始めるという。

   世田谷モデルは「PCR検査を誰でも、いつでも、何度でも行う」というもので、保坂区長は「コロナ封じ込めの成功例に学ぶ」として、1日7万件検査のニューヨーク市を参考にしたという。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「やっと行政の長から、誰でもいつでも何度でもを目指すという話が出てきましたね」

大感染を抑え込んだニューヨークをお手本

tv_20200730125936.jpg

   ただ、課題はある。まず予算だ。世田谷区の貯金である財政調整基金は約300億円。保坂区長は「PCR検査は一人あたり3万~4万円だが、大量検査で効率化して下げられるか考えている」と言う。

   課題の2点目は医療体制だ。世田谷区内の入院患者数は29日時点で108人、宿泊療養者は44人、自宅療養者は64人いる。保坂区長は「病院関係者からは感染者急増に備えもっと施設を確保したいが、今年前半で3億~4億円の赤字が出ていると聞いています。そこの支援も行わなければなりません」。人員も足りない。保健所、地域外来検査センター、帰国者接触者外来など、今の体制では1日300件の検査が限界だという。保坂区長は「1回で大量の検査ができるオートメーションの機械を導入して、一挙に検査を行う。機械が検査センターの近くにあれば、搬送の手間もなくなるはずです」と語る。

   玉川「財源は国に支援してほしいところですね。世田谷区はふるさと納税で100億円近くが流出しているということなので、僕は世田谷にふるさと納税しようかな」

   保坂区長「ぜひふるさと納税してください」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中