2020年 10月 31日 (土)

三浦春馬さん「世界はほしいモノにあふれてる」が切なすぎる!「母から子に伝わる思い出の品はある?」と聞かれ、「他界した父親のように想っていた付き人と作ったサイン」を紹介

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   三浦春馬さん(享年30)がMCを務めていたNHKの紀行番組「世界はほしいモノにあふれてる」が20日(2020年8月)午後10時半に放送され、ネット上では放送開始直後から懐かしむ声と惜しむ声であふれた。

   三浦さんの生前収録は残り1回で、8月27日に「JAPAN!究極の台所道具」をテーマに三浦さん自身も取材してきたプロの逸品「イカサキ包丁」などメイド・イン・ジャパンの台所道具の魅力に迫る。

  • 「世界はほしいモノにあふれてる」(NHKの番組ホームページより)
    「世界はほしいモノにあふれてる」(NHKの番組ホームページより)
  • 「世界はほしいモノにあふれてる」(NHKの番組ホームページより)

「今の自分のサインは、その方と一緒につくったサインです」

   この日は「恋しいペルシャ 美の源流」がテーマだった。イラン出身のタレント、サヘル・ローズさんが(34)がペルシャ絨毯やジュエリー、料理などの魅力を紹介した。サヘルさんから「母から子へ伝わる物のように、何か大切にしている物はありますか?」と聞かれた三浦さんは、自分のサインに関するエピソードをこう明かした。

   「もう他界してしまったのですが、父親のように、現場にいつも寄り添ってくれたお付きの方がいて、今の自分のサインは、その方と一緒につくったサインなのですね。なので、形を変えずに使い続けていきたいと強く思ったのを覚えています」

   そして、紙とペンが用意されると、「なんか番組でサイン書くって、初めてだから、すごく気恥ずかしいね」と笑みを浮かてサインを披露したのだった。

   ネット上では「笑顔だけど、色々悩んでいたのかと思うと胸が詰まる」といった哀惜の声があふれた。

   「今夜のせかほし。前回のせかほしレストラン同様、以前より華奢になり、透き通った肌の春馬さんが、いつものように優しく微笑んでいましたね。『人生の始まりから終わりまで』が描かれたペルシャ絨毯の美しさに感動されていたのが印象的でした。家族のように想っていたお付きの方と一緒に考えたというサインを、気恥ずかしそうに、そして丁寧に書かれていました。ずっと大切にされているんですね。華やかなバラの花と美しいペルシャ絨毯...スタジオの春馬さんとJUJUさん、番組を観ている私の周りにも、とても穏やかな時間が流れていて、癒されました。すぐそこに笑顔の春馬さんがいるような、優しい気持ちになりました。バラの香りをかぐ春馬さん、少年のように美しかったですね。また来週、お会いできるのを楽しみにしています」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中