2020年 11月 29日 (日)

〈私の部下のハルトくん〉(TBS系)
『私の家政夫ナギサさん』のスピンオフ。会社で働いた経験のある人なら、こんな新人が可愛くていいなあと好感を持つにちがいない

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   『私の部下のハルトくん』は『私の家政夫ナギサさん』のスピンオフドラマ。本編が面白いとスピンオフもすごく楽しめるもの。主役だけでなく周りのキャラクターもしっかり描かれているからだろう。

   製薬会社の横浜支店を舞台に、本編の主役である仕事熱心な女性、相原メイ(多部未華子)の部署に研修でやってきた新入社員の瀬川遥人(眞栄田郷敦)が主役だ。本編ではメイが指導役となって二人で仕事先へと出向くのだが、二人のやりとりは微笑ましく、ドラマのストーリー展開とは別の清涼剤のような心地よさを生み出していた。

  • 「私の部下のハルトくん」(TBSの番組ホームページより)
    「私の部下のハルトくん」(TBSの番組ホームページより)
  • 「私の部下のハルトくん」(TBSの番組ホームページより)

入社3年目の天馬あかりとハルト君が惹かれあう

   ハルトくんが醸し出すナチュラルな後輩力に惹かれ、『私の部下のハルトくん』を見るようになった人も多かったにちがいない。こちらでの「私」はメイではなくて、メイのグループにいる入社3年目の天馬あかり(若月佑美)。彼女とハルトくんとは、メイとのときよりももっと距離が近く、ラフで、ささいなことも語り合える関係。

   そしてお互い気になり惹かれあっていくさまが綴られていく。最終回ではハルトくんが福岡支店に配属が決まり、送別会の二次会で無事両思いになって遠距離恋愛スタートというハッピーエンドになった。

   本編でも言われていることだが、このドラマ、悪人がいない。職場がこんなにも和気あいあいとしてチームワークがいいのは、見ていて羨ましい。ハルトくんは新入社員なのだが、礼儀正しいし、言葉遣いもきちんとしている。何より素直!新入社員が何もできないヒヨッコなのは誰もがわかっていることで、だからこそ、こういう真面目で正直というのは大事なポイントなのだ。

   社内の人間の力関係を推し量ってみたり、先輩を悪く言ったりしない。逆にいうとボーッとしているのだが(短い研修期間中にミスもしてしまう)、会社で働いた経験のある人なら、こんな新人なら可愛くていいなあと好感を持つにちがいない。

   演じた眞栄田郷敦はまだ20歳。今回の役で確実に好感度はアップしたし、ファンの年齢層をぐっと広げたことだろう。これからの活躍が楽しみだ。(TBS:2020年9月2日(水)25時28分放送)

かたくりこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中