2020年 11月 29日 (日)

「クラスター発生」のデマ、被害店主が執念の追求は20人に...結局大元にたどり着けず「みんな親切心だった」ってアリ?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東大阪市のカラオケ喫茶で、「クラスターが発生した」というデマが飛び、客の激減で被害を被った店主が、デマの出どころを追求したのだが、なんと20人にもおよび、結局大元にはたどりつけなかった。わかったのは情報が本当かどうかを誰も確かめないことだった。

   東大阪市では今年(2020年)7月、「バーで感染者が出た」と吉村洋文知事が集団感染を公表した。バーの名前は明かさなかった。1カ月後の8月中旬、東大阪市のカラオケ喫茶「ステージ絆」で異変が起きた。客がばったりと来なくなったのだ。

「余計なお世話ですが、親切心のつもりで」

tv_20200918120047.jpg

   オーナーの大谷隆記さんは「知事の発表はバーであって、カラオケではなかったのだが、9人が感染したというデマが広がっていた。腹が立つ」という。

   わかったのは、常連客からのメールだった。「絆に行かんほうがええよとか(笑)誹謗中傷やな」とあった。店の存続に関わる。大谷さんは「どこから出た?」と自ら調査を始めた。Aさん、Bさん、Cさんと1人ずつたどった。

   Aさんは「CさんからBさんにメールが来て......」といった具合だ。DさんはEさんから「行かんほうがいいよ」と連絡を受けた。そのEさんは、Fさんからのメールで「9人のクラスター、ご存知ですか?」といわれていた。

   何気ない会話やメールで、「デマの運び屋」になった人は20人を超えたが、結局大元には至らなかった。東大阪で集団感染が出たのは事実。だが、その話が伝わるうちにどこかで、「9人」「ステージ絆で」が加わっていた。

   番組がその1人に聞いた。「余計なお世話ですが、親切心のつもりで」メールを拡散したという。大谷さんからの電話で初めてデマだとわかった。

    総務省が行った「デマの拡散」についての調査で、「したことがある」との答えは、10代で45.4%、40代以上でも3割を超えていた。理由は「流行の話題だったから」「役に立つと思った」

   司会の羽鳥慎一は「良かれと思ってやったということですね」

   吉永みち子(編集者)「話の枝葉が伸びると、『らしいよ』が消えちゃう」

   レギュラーコメンテーターの玉川徹「止めようがない。ただ、メールは証拠が残りますからね。損害賠償にもなりうる。リスクがあることを知っておいたほうがいい」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中